メタボランティアが参加する「駅からはじめるヘルスケア」実証事業開始のご案内

2014年9月26日

メタボランティアが参加する「駅からはじめるヘルスケア」実証事業開始のご案内

 

news-140926.png この度メタボランティアは、株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小暮和之)は、株式会社ハビタスケア(本社:東京都中央区、代表取締役:德渕慎一郎)と「日常生活に密着したヘルスケアの仕組み創造コンソーシアム」を設立し、「駅からはじめるヘルスケア」の事業化を目指した実証事業を実施いたします。

 本実証事業は、経済産業省が主導する「平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業」採択事業のひとつです。都市生活者のほとんどが日々活用するインフラである「駅」を活用し、ヘルスケア効果の「見える化」を図って一般生活者が取り組みやすいコンテンツにすることで、日常生活に密着した、継続性のあるヘルスケアの基盤整備(図参照)を行うことを目的としています。

 

詳細は株式会社ジェイアール東日本企画のニュースリリースをご参照ください。

経済産業省平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業 「駅からはじめるヘルスケア」実証事業の開始について

 

メタボランティアでは、本事業の参加団体として主に以下を担当し健康寿命延伸事業創出に寄与して参ります。

・秋葉原周辺の魅力を満載した3つのウオークラリーコースの設計

・本事業の期間中に実施するウオーキングイベントの運営サポート

・ウオークラリーWEBアプリの歩行データとの連携によるカロリー計算およびカロリー管理アプリ「ヘルシード」の提供

上記、イベントやアプリの情報などは随時情報公開して参ります。