農業体験で社会貢献 『FarminGoo(ファーミングー)』開始のお知らせ

2016年4月25日

農業体験で社会貢献

『FarminGoo(ファーミングー)』開始のお知らせ

みんなの元気を世界の元気につなげよう!日本の誇る農業をさらに価値ある物に!

あたなたの脂肪が地球を救う!を合い言葉に楽しく社会貢献をするイベントを企画・運営するNPO法人メタボランティア(東京都品川区:代表理事 竹田周)は、この度、農業体験による運動エネルギー(消費カロリー)を活用した社会貢献プログラム「FarminGoo(ファーミングー)」を開始した事をお知らせ致します。

農作業1時間あたりの消費カロリーは、体重60kgの人で約270キロカロリーあります。これをメタボランティアの実施する消費カロリーを活用した健康循環プログラム(1キロカロリー消費=1円の寄付プログラム)に当てはめると、一人当たり270円の寄付となります。ファーミングーでは、1回約1時間の作業で270円の募金プログラムとして、途上国の栄養改善活動などに活用致します。2016年5月8日に岐阜県恵那市にて第1回目のイベントが開催されます。

農業体験を楽しみながら、健康と社会貢献を同時に実施する事で、農業への関心や意義を高め、日本の農業全体の価値向上を目指します。同時に「FarminGoo(ファーミングー)へ賛同いただき、イベント開催頂ける団体様も募集致します。

実施の背景

みんなの元気を世界の元気につなげよう!日本の誇る農業をさらに価値ある物に!『FarminGoo(ファーミングー)』は、農業体験を楽しみながら、健康と社会貢献を同時に実施する事で、農業への関心や意義を高め、日本の農業全体の価値向上を目指します。現在世界には21億人の肥満と8億人の飢餓が存在します。メタボランティアではこの課題を解決する為に、運動エネルギーを栄養エネルギーに変換する社会貢献プログラムを提供しています。これを農業体験と融合し、農業体験を通じた健康の循環システムを構築する事で「健康問題」「食糧問題」そして、農業における人材・教育といった課題を解決する一石三鳥の仕組みが出来る事になります。

第1回イベント開催

農業体験からはじまる健康社会!『第1回 FarminGoo(ファーミングー) in 恵那』5/8開催

記念すべき第1回のイベントは、1953年の開学以来「フロンティア・スピリット」を建学の精神に掲げ、実践的なビジネス教育を展開する名古屋商科大学(NUCB)が世界初となるファーミングーを開催します。当日は恵那市を中心に活動するウォーキンググループが、開催場所をウォーキングコースに取り入れるなど、地域をあげての盛り上がりが予想されます。