Appleヘルスケアと連携する消費カロリー記録アプリ

2017年3月 4日

cd_banner2.jpg

Appleヘルスケアアプリケーションで消費カロリーを管理する

healthcareapp_jpgのサムネール画像Appleの提供する様々なヘルスケアデータを管理する事ができるアプリ「ヘルスケアアプリケーション」、この中にアクティブエネルギーという運動による消費カロリーを管理する機能があります。しかし、このヘルスケアアプリケーションはデータを管理するのみで、消費カロリーの取得や算出をする事は出来ません。

今回はこのアクティブエネルギーを管理する為に必要な消費カロリーを記録する事ができるアプリケーションを幾つかご紹介させて頂きたいと思います。

ヘルスケアアプリケーションの詳細は以下をご確認ください。

Apple ヘルスケアアプリケーション

ヘルスケアアプリケーション連携アプリ

トレーニングやアスリート志向の方には「Runkeeper」

icon.jpgRunkeeper for iPhone

Runkeeperは、ランニングのトレーニングメニューを作成し、距離、時間、消費カロリー、そしてGPSデータにより、走ったコースやアップダウン、ラップデータなどの記録を管理する事ができるアプリケーションです。その名の通りランナー向けのトレーニングアプリですが、ランニングだけでなく、サイクリングやウォーキングなども記録をする事ができます。

IMG_4165.jpg IMG_4164.jpg IMG_4166.jpg

健康管理をするなら「Health Mate by Withings」

e4e59b50c7dca366f66eef8eca877292.jpgHealth Mate by Withings

Health Mateは、ヘルスケア総合機器メーカー「Withings」の提供するヘルスケアデータの管理アプリです。健康管理を目的とした運動の記録が出来るほか、食事の記録やカメラレンズを使った心拍数の測定、Withingsの血圧計、体組成計などとの自動連携によるバイタルデータの記録・管理とヘルスケアをトータルで管理する事ができます。

IMG_4170.jpg IMG_4171.jpg IMG_4172.jpg

ウォーキング、歩数計測が中心ならシンプルな「Pacer」

unnamed.pngPacer

Pacerは、歩数計を中心にしたダイエット向けアプリです。目標とする体重や体型を設定し、それに合わせた1日の歩数、運動や生活習慣などの行動を設定し、実行を管理する事ができます。分析も歩数だけでなく、消費カロリーや活動時間、体重や血圧など登録したデータを見やすいグラフで確認することができます。

IMG_4167.jpg IMG_4168.jpg IMG_4169.jpg

Appleヘルスケアアプリケーションと消費カロリー記録アプリの連携確認

Appleのヘルスケアアプリケーションでは、ヘルスケアデータメニューの"アクティビティ"にあるアクティブエネルギーが運動で記録された消費カロリーになります。連携されたアプリは、メニューの"ソース"にアプリ名が表示されますので、そこからアクティブエネルギーがオンになっていることを確認してください。(※ソースにアプリ名が表示されていない場合は記録アプリ側の設定をご確認ください。)連携がされていると、アクティブエネルギー画面で消費カロリーを確認する事ができます。さらに"データソースとアクセス"より各連携アプリとの連携状況とデータの履歴を確認する事ができます。

IMG_4163.jpg IMG_4174.jpeg IMG_4162.jpeg IMG_4173.jpeg

さぁ、アプリをダウンロードして早速、アクティビティを開始しましょう!

cd_banner2.jpg