スマートな人生をサーポートする厳選アイテム2017

2017年12月17日

メタボガジェット2017_カバー

盛り上がりを見せた2017年のスマートデバイス

スマートフォン、スマートウォッチなどでこれまで熾烈な戦いを繰り広げてきたApple、Google、Sumsung、さらにスマートスピーカーの登場によりAmazonやLINEなどのIT系有力企業が続々と参入を果たしスマートデバイス界は一気に市場が加速してきました。

先鋭的な機能と洗練されたデザインをまとった魅力溢れるプロダクトが出揃う中で繰り広げられる各社のプロモーション合戦を前にしては、情報の洪水を回避する術もなく購入してしまうという方も多いことでしょう。

そんな盛り上がりを見せるスマートデバイスですが、メタボランティアが注目するのはもちろん健康的で質の高い暮らしをサポートするちょっと変わった?おもしろいデバイスです。そこで今回は、日々様々なメタボ系サービスや製品の情報をチェックしている私が特に注目するダイエットやフィットネス、健康管理に役立つメタボ対策に活用できるスマートデバイスを厳選して3つご紹介させて頂きます。

これを使えば来年も健康的に過ごせる事は間違い無し?
さらに周りからの注目度もアップし人気者になる事でしょう⁉︎

メタボ対策系スマートデバイス3選

スマートベルト「Welt」

https://www.weltcorp.com/

IMG_6872.jpgSumsungの社内ベンチャーから生まれたというこのスマートベルは、メタボ対策には必須と言えるウエストのサイズを自動で計測し、食べ過ぎなどでベルトに負荷がかかるとお知らせをしてくれるスグレモノ、さらにバックル部分には加速度センサーが内蔵されており歩数や消費カロリー、座りっぱなしの監視までしてくれます。もちろん、データはBluetoothでペアリングし専用のアプリで管理します。

IMG_6865.JPG

見た目は至って普通のベルト、むしろシンプルで洗練されたデザインと言って良いでしょう。ビジネスにもカジュアルにもスタイリッシュ溶け込みます。

日本ではメタボリックシンドロームのウエストの基準は男性85cm、女性90cmとなっています。日々のウエスト変化を確認しつつ、ウエスト増加にリスクとなる食べすぎや運動不足を監視してくれて、オシャレとなればメタボが気になり始めたビジネスマンのマストアイテムとなる日も近いかもしれませんね。

スマートコンドーム「i.con」

https://britishcondoms.uk/icon-smart-condoms.html

IMG_6867.JPG今年最もセンセーショナルなスマートデバイスを発表したのはイギリスのコンドームメーカーBritishcondoms、コンドームのように装着するリング状のデバイスには挿入速度や回数、行為の時間や頻度の他、消費カロリーや皮膚の温度まで計測できるセンサーが内蔵されており、これまで知ることのなかった性行為のパフォーマンスを可視化してくれます。

IMG_6866.JPGウン十年前のベビーブームでは毎年200万人以上の子供が生まれ、経済の勢いを増してきた日本ですが、2016年にはついに100万人を切る97.7万人となり早急な少子化対策が求められています。このi.conは今まで数値化することがなかった性行為のパフォーマンスを数値化し、目標に向けて努力するプロセスと達成感を味わう事が出来る画期的なツールです。少子化の救世主となる日も近いかも知れません。

スマートロープ(縄跳び)「Smart Rope PURE」

http://tangramfactory.com/smartropepure/en/

HL592_AV3.jpg

かつて縄跳びにオシャレを求めたプロダクトはありますでしょうか?記憶にある限りで、縄跳びを欲しいと思ったのは小学生以来です。そんなフィットネス好きでガジェット好きの私の琴線に触れるスマートロープなるマーケットを開拓するプロダクトがSMART ROPEです。2015年にリリースされた初代からさらに使いやすくバージョンアップされて二世代目が今年登場しました。縄跳びの回数、時間、消費カロリーを計測し、データはアプリで管理、さらにランキングや縄跳びを使ったトレーニングプログラムなど日々飽きずに縄跳びライフのモチベーションを向上させる機能が揃っています。

smartrope_brompton.jpg

縄跳びの運動強度はジョギングよりやや高めの8メッツ、しかもジャンプにより下半身の筋肉に負荷が掛かりますので、短時間で思った以上に心地よい疲労感を得ることが出来ます。しかも、手軽に持ち運びもできるため、ビジネスバッグに忍ばせて隙間時間でちょっと飛んでみる事や、自転車で持ち運び美しい景色を眺めながら気持ちよく飛んでみるなどライフスタイルに合わせた色々な楽しみ方を可能にしてくれます。

これもメタボ対策に活用しちゃう?番外編

さらに番外編として、直接的にメタボ対策なるプロダクトではないですが、使い方次第でメタボ対策ができてしまう?ユニークなプロダクトをさらに2つご紹介させていただきます!

採寸ボディスーツ「ZOZOSUIT」

http://zozo.jp/sp/zozosuit/

26782997_8_D_500.jpg

ファッション通販のZOZOTOWNが2017年の末に発表したのでは、洋服購入の際のサイズのミスマッチを防ぐために開発されたという体のあらゆるサイズを計測することが出来る採寸ようのボディスーツです。上下セットになっているスーツには150種類以上のセンサーが内蔵されており洋服着用時の動きにあわせたサイズまで正確に採寸出来るようになるそうです。

zozosuit_app.jpg

そんな、体のあらゆるサイズを計測してくれるというZOZOSUIT、勘の良い方でしたらお気づきかと思いますが、これダイエットにも活用できると思いませんか?ダイエットや健康管理には、自分の状態を常に計測し効果や変化を実感する事が重要になります。今回ご紹介させて頂いた3つのメタボ系スマートデバイスやダイエットグッズなどと併用して、ダイエットの効果を測るために、体のサイズを細かくチェックするなんて使い方が出来るかもしれません。

メタボウェストポーチ「Dad bag」

https://thedadbag.com/

IMG_6868.JPG

最後にご紹介するのは、なんとメタボおじさんのお腹を忠実に再現したというウェストポーチです。しかも、体毛やおへそまでリアルにデザインされています。これを開発したイギリスのクリエイターであるAlbert Pukiesさんは、太ったお父さんのお腹に憧れていたという事です。単なるウケ狙いの宴会グッズではなかったのですね。

IMG_6869.JPG痩せている方でも、これをつけてメタボになった自分のシミュレーションしながら実際にメタボにならないように予防をすることが出来れば、このポーチの活用方法も拡がるかもしれません。しかし、リアルで一見本当にお腹を出しているように見えておもしろいですね。

2017年はバラエティー豊かで実用的なプロダクトがたくさん出てきた年でした。
以前からあるスマートフォンのアプリやスマートウォッチ、ウェアラブルデバイスなどの性能も向上し、より楽しくダイエットやフィットネスを楽しむ事が出来る環境が整ってきました。2018年もどんなプロダクトが登場するのか楽しみにしています!

最新のメタボ・健康情報を毎日ピックアップ!