今日のメタボニュース!注目記事【TOP5】2017年下期

2018年1月 7日

 

メタボ解決のヒントがある!?
メタボニュース2017年下期のトレンドを見る!

あなたの脂肪が地球を救う!世界の健康人口増加を目指すプロジェクト"メタボランティア"では、「今日のメタボニュース」と題し、Facebookページにてインターネットで配信されている健康やメタボ、肥満、生活習慣病などをテーマにしたニュース記事から注目の記事を毎日1つご紹介しています。

そこで今回は9月8日の配信開始から、12月31日までの間にご紹介した記事より皆様に多くご覧いただいた注目記事トップ5をご紹介させて頂きます。皆様どのようなメタボ記事に関心があるのでしょうか?これからの健康関連のトレンドがわかるかもしれませんね。それでは1位から見ていきましょう。

1位 172キロのダイエットに成功した肥満カップル 

配信日:2017年9月11日 / リーチ数:671
配信メディア:Epoch Times in Japan

URL:http://www.epochtimes.jp/2017/08/28210.html

screencapture-epochtimes-jp-2017-08-28210-html-1515324266509.pngのサムネール画像

肥満により医師から危機的な状況を宣告された妻、そして、その妻を支えようと自身も肥満であることから一緒に胃の切除手術と食事制限により1年で合計172キロもの減量に成功した肥満夫婦のダイエット・サクセスストーリーが共感を集めたようです。

カップルダイエットは継続のモチベーションになることや、少し物足りないかもしれない健康的な食事も二人で工夫し楽しみながら出来るということで注目されています。一人では続かないという方は、ダイエット仲間を見つけて一緒に取り組んで見てはいかがでしょうか。

2位 太めタレント、次々やせ始めた背景

配信日:2017年10月15日 / リーチ数:632
配信メディア:福井新聞 Online

URL:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/248335

screencapture-fukuishimbun-co-jp-articles-248335-1515366514037.png

かつては、グルメ番組やバラエティー番組などで人気を博し、そのポジションを確立するためにこぞって体重を増やしていたいわゆる"デブタレント"、世界的な健康ムーブメントの中で、太って親しみやすいキャラクターがお茶の間に安心感を与えていたものが、ここへ来て一転し、健康的に心配や痛々しさなどを与えてしまうようになり、こぞってダイエットを開始したようです。

現在、世界では3人に1人の約22億人が肥満・過体重というデータが示されており、その増加スピードも早く世界的な問題になっています。飽食の世の中で廃棄食材や過剰生産の問題もあり、必要以上に食事を摂取しどんどん太って不健康になっていく容姿は、面白いとはいえ、さすがに受け入れがたいものがあるようです。

3位 【独占インタビュー】「サンタ」になるって過酷なの? 日本唯一の公認サンタクロースに『公認サンタ試験』の実情を聞いてみた!

配信日:2017年12月24日 / リーチ数:571
配信メディア:ロケットニュース24

URL:https://rocketnews24.com/2017/12/22/991646/

screencapture-rocketnews24-2017-12-22-991646-1515370926113.png

全世界で約180名いるというグリーンランドの公認サンタクロース、サンタさんといえば、長く白いヒゲにふくよかなメタボ体型がトレードマークですよね。なんとこのメタボ体型、実は公認の条件として体重が120キロ以上あることが設定されているそうです。

しかも、この体型を維持しながらもプレゼントも持ったまま走っり、煙突に登り、クッキーを食べるというアスリート並みの厳しいテストをクリアしなくてはならないそうです。確かに一晩で沢山の子供にプレゼントを届け、子供から贈られるお菓子もたべなくてはいけないサンタさんには強靭なフィジカルも求められるのですね。そんないつの世でも変わらないサンタさんですが、健康ブームでいつか痩せたサンタさんが現れる日も来るのでしょうか?

4位 「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります

配信日:2017年10月22日 / リーチ数:504
配信メディア:現代ビジネス

URL:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53263

screencapture-gendai-ismedia-jp-articles-53263-1515368205748.png

同じものでも、食べる時間によって体への影響が変わるという「時間栄養学」の話題です。近年のダイエットブームにより食べ物の成分や量などについては、多くの情報や管理手法がありますが、時間で変わることはまだあまり注目されていないかと思います。記事ではマウスによる実験により食べる時間による体重の増減が確認できたとのことです。

2017年にノーベル医学賞を受賞した体内時計をコントロールする「時計遺伝子」の発見、1日の体のリズムが遺伝子によってコントロールされているというものですが、これを把握することで生活習慣病などの対策につながるといわれています。今後は個々の体の変化に合わせて食べるのに良い時間がわかるようになるかもしれませんね。

5位 「デブ」と呼ばれた女の子 大人な対応に感心する声集まる

配信日:2017年9月12日 / リーチ数:464
配信メディア:Livedoor News

URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13593629/

screencapture-news-livedoor-article-detail-13593629-1515326588277.png

学校で太った容姿を友達に揶揄された娘が"「デブじゃない!」って言った。「誰にでも脂肪はついているものだし、ついてても別にいいのよ」って。"と返したという母親との会話が話題になりました。この母親も肥満ですが体型により人間性が否定されるものでは無いと教える親子のエピソードです。

確かに太っている事を揶揄したり、人間性まで否定する事は決して許されることではありませんが、一方で、1位の夫婦の例にもあるように将来的に命の危険にさらされるという可能性もあります。昨年WHOから発表されたデータでは世界の小児肥満は1.2億人と過去40年間で10倍、更に世界の肥満人口も増加を続け大きな問題となっている現実もあります。肯定するだけではなく、リスクも含めて教育する事が必要なのでは無いかと考えさせられる記事でした。

いかがでしたでしょうか?
日々多くのメタボ関連ニュースがあり、その量に日々驚かされていますが、それだけ関心も高く社会的にも問題になっているということかと思います。

しかしながら、膨大な情報の中で自分に必要なものや正しい情報を見つける事は困難です。日頃から様々な情報に触れながら自己判断できる力を付けることも健康的な生活を送るには必要なことなのかもしれません。

今日のメタボニュースはFacebookで毎日配信!